Dentro Caravaggio

今ミラノで大注目の美術展。パラツッオ・レアーレで開催中のDentro Caravaggio を見てきました
これは会場入口の大パネルです。今回のカラヴァッジョ展、なぜこんなにも注目されているか。その訳は、ニューヨーク、カンザス、デトロイト、ナポリ、ローマ、ロンドンなど世界各地の美術館などが所蔵しているカラヴァッジォ作品が一堂に集められています。こんな機会はそうそうないよ!カラヴァッジョファンの僕としても大満足でした。来年1月28日まで開催中です。もしこの期間にミラノにお出かけの方がいらっしゃったら、ぜひ。
カラヴァッジョ作『エマオの晩餐 Cena in Emmaus 』です。こちらはDentro Caravaggioには展示されていませんが、同じくミラノにあるブレア美術館 Pinacoteca di Breraで鑑賞する事ができました(ちなみにこの作品は去年、東京にやって来たのでご覧になった方も多いはず)。


ブレラ美術館で撮影した動画もアップしてみました。こんな素晴しい名画の宝庫なのに、僕が訪れた時間帯はほとんど人がいない。僕のプライベート美術館みたいでしょ!?監視員さんも熟睡中(笑)
ブレラでの美術鑑賞が終わって僕が帰る時、ちょうどミラノの小学生に出会いました。課外授業ね。みんなカメラを意識してます(笑)

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

Advertisements

Brickett Davda

イギリスの女性陶芸家ジョー・ダヴダ Jo Davdaさんの新作マグが我が家にやって来ました!
今回のマグは(中央のオリーブ色と右側のリーフ色)かなり大きいサイズです(僕の顔と比べてみてください😀)。たっぷり400cc入ります。実は僕、以前から大容量のマグを探していたのですが、なかなか気に入ったのが見つからなかったんです。だからとてもうれしい!このマグ、海外ドラマにも出てくるような格好良さ。女性よりも男性が持った方が絵になるよね。2つのラージサイズのマグ、同じ色に見えるかもしれませんが、別々の色合いです。イギリス的なシックで、くぐもった色調が気に入っています。使う時々の気分で、今日はどのマグを使おうかなあ、と選ぶのが楽しみになってきました。ちなみに彼女の工房はイギリス南東部、ブライトンにあるのですが、その美しい自然とアトリエの様子がこちらの動画で見る事ができます。
そして同じくダヴダさん作、えんどう豆色(Pea ピー)のラージ マグ。こちらもモダンで色使いが独特。形が少しゆがんでいたりして、なんとも温もりがあるんですよ。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

Jack-o’-Lantern

もうすぐハロウィーン!もともとは古代ケルト人の祭り。現代アメリカで盛んな秋の民間行事というイメージでしたが、特に最近は日本はもちろん世界中にハロウィーンが広まっちゃいましたね。たとえばイタリア、僕が学生時代を過ごした30年前頃は、ハロウィンなんてみんな全然知らなかったもの(ほんの一部のイタリア人だけ知っていた感じ)。
さて、ハロウィーンと言えばジャック・オ・ランタン。じゃじゃ〜ん、見て〜、僕も作ってみました!何と言ってもパンプキン・カービングの醍醐味は、本物のかぼちゃをくり抜いてキャンドルを灯した瞬間の素晴しさ、それはそれは幻想的な雰囲気!感動的です(僕のInstagramには動画もアップしたのでご覧下さい)!プラスチックのかぼちゃとLEDライトでは、この幻想的な雰囲気は絶対出せない!やはり自然界の物に勝るものなしです。今回使ったこのかぼちゃはカリフォルニア産です。これでも比較的小ぶりなんですよ。パンプキンカービングにも最適🇺🇸🎃。日本のかぼちゃよりもキャンドルを灯した時の雰囲気が抜群に素晴しいし、彫り易いところも良い。このサイズなら10分もあれば出来上がりますよ。みんなも挑戦してみてね! Happy Halloween!!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

Galleria Borghese

ローマの北側、ピンチョの丘。この一帯に広がる緑豊かな公園が、ローマ随一の広さを誇るボルゲーゼ庭園です。この丘に17世紀初め、ローマ教皇パウルス五世の甥で枢機卿だったシピオーネ・ボルゲーゼが贅を尽くしたヴィッラを造りました。これが現在のボルゲーゼ美術館のはじまりです。
広大なボルゲーゼ庭園には、この様な松の林が広がっているエリアがあります。ローマの松は、日本の松とはかなり樹形が異なってとても美しいので、僕は大好きです。なんて素晴しい!ランニングを楽しむ人たちも多く見かけます。僕もローマ滞在中は必ずボルゲーゼ庭園でランニングをしていますよ。ちなみにこんな感じ、カッコ良いでしょ!?(笑)
さてボルゲーゼ美術館 Galleria Borghese 入場には、ウッフィッツィ美術館などと同様、あらかじめインターネットで予約しておく必要があります。
チケットオフィスにて。毎週水曜日の17:00から閉館までの2時間は特別割引き料金10ユーロなので、今回僕はこの時間帯で予約してみました。
カラヴァッジョ作「果物籠と青年」と共に。芸術家の才能を見抜く鋭い目を持っていたシピオーネですが、カラヴァッジョも彼によって見いだされた天才画家の1人です。ちなみにボルゲーゼ美術館には、5作品ものカラヴァッジョの傑作が所蔵されてるんですよ。
カラヴァッジョ最晩年(ナポリで描かれた)の作品「ゴリアテの首を持つダヴィデ」と共に。ゴリアテもカラヴァッジョの自画像とされていますが、憂いに溢れるダヴィデの顔もカラヴァッジョ青年期の自画像と伝えられています。
同じくカラヴァッジョ作「パラフレニエーリの聖母」。この作品は教皇の馬丁、パラフレニエーリから依頼されたもので、サン・ピエトロ大聖堂の礼拝堂の1つに飾られていたもの。しかしながら聖母子の傍らに立つ老婆(実は聖アンナ)があまりにも醜く描かれているという理由から、数日間飾られただけで撤去されてしまいました。シピオーネはこの作品を高く評価。後にこの作品を自分のコレクションに加えることになったという事です。ボルゲーゼ美術館は「プライベート・コレクションの女王」と称されるにふさわい美術館ではありますが、一方シピオーネが強引に我がものにした作品も少なからずあるようです。たとえばラッファエッロ作「キリストの埋葬」は夜陰に紛れ強奪、ローマに運ばせたとの事!まさに富と権力を駆使して美術品を集めた「美に取り憑かれた枢機卿」といえましょう。
ボルゲーゼ美術館の至宝、ベルニーニ作「プロセルピナの略奪」。
ベルニーニの自画像(写真右と真ん中)。青年期と熟年期の2作品が並べられ展示されているので、興味深く鑑賞することが出来ました。
見事な天井画や壁のレリーフも圧巻!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

Ristorante Frescobaldi

フィレンツェ滞在中、もう1つの楽しみと言えばやはりトスカーナ料理を味わうこと!
リストランテ FRESCOBALDI フレスコバルディでディナー。こちらのレストランはシニョリーア広場から目と鼻の先のところにあるのに、この様にとても落ち着いた、雰囲気抜群のレストランなのです。
この日のメインディッシュはビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを堪能。2人分で1.3kgほどの牛肉 I.G.P.を炭火で焼いてくれます。もちろん給仕人がテーブルのわきで切り分けてサービスしてくれますよ。フレスコバルディ自慢のラウデミオ・オリーブオイルをたっぷりかけでいただきます。久しぶりのビステッカ・フィオレンティーナ!超美味なのでペロリと平らげました。
さすがはフレスコバルディ、どのワインも素晴らしく美味しい!こちらはニポッザーノ・リゼルヴァ・キャンティ・ルーフィナ2013です。フレスコバルディが世界に誇る彼らの象徴的なワインね。日本にも輸出されていますが、地元フィレンツェで味わうニポッザーノは格別美味しく感じられました。ブルネッロも素晴しいし、フィレンツェ近郊、ポミーノの畑の葡萄(シャルドネ)で醸造される白ワインやレオニア・ポミーノ・ブリュット(スプマンテ)も超エレガントな味わいなのでおすすめ。店内はイタリア人はもちろん、外国人の美食家たちが訪れていてエレガントな雰囲気。僕のお気に入りレストランでもあります

あっ、そうそう。久しぶりにウッフィッツィ美術館に来ました。こちらのテラスから眺めるフィレンツェの景色が大好きです。ヴェッキオ宮もドゥオーモもジョットの鐘楼も、フィレンツェの丘々も、手を伸ばせばすぐとどきそうだから。
ウッフィツィにあるピエロ・デッラ・フランチェスカ作『ウルビーノ公夫妻の肖像』です。古代のメダルの様な横顔スタイル。背景にはモンテフェルトロの領地が広がっています。窓の薄いカーテン越しには現実のフィレンツェの街が広がって、素晴らしい効果が生まれていると思います。
カラヴァッジョの「バッカス」と共に。
ウッフィッツ美術館所蔵の作品で、日本人に一番知られているのはおそらくこちら、ボッティチェッリ作「プリマヴェーラ(春)」ではないでしょうか??
回廊の窓から、ポンテ・ヴェッキオとアルノ川の眺め!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno / Opera Singer

杉の弁当箱

杉の木を使った素敵な弁当箱を作ってもらいました。
img_1304僕が長い間愛用している保冷機能付き白い弁当箱。それとほぼ同寸法です。僕の特製『黒豚肩ロースの生姜焼き弁当』は厚めのスライスしたお肉が自慢!隠し味はケベック産の上質なメープルシロップです。お肉が冷めても硬くならず美味しくいただけるんですよ。
img_1309杉の美しい木目が生かされた拭き漆(うるし)技法。パッと見は没個性的なデザインですが、そのシンプルさがとても現代的。そしてその親しみやすさが、普段使いの弁当箱にとても良いです。杉はご飯の湿気を適度に吸収するので、食べる頃にはとても良い感じになってご飯がとても美味しくいただけます。漆の効果と相まって暑い時期でもご飯が傷みにくいところも良いです。
img_1303ALDINのティータオル(リネン100%)は、手触りも最高でとてもしなやか、そして美しい。お弁当包みとしても最高です。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

水草のかご

イギリスの水草で編まれたという美しいかごを見つけました。フォークロアな雰囲気がなんとも素敵です。
img_3477これがそのかごです。イギリスの短い夏、清らかな小川に自生している水草を刈り取り編まれたとの事。イギリスの女性アーティストの作品だそうです。彼女が自分自身で刈り取った水草は、チューダー時代の廃墟の教会の中で乾かした後、マットやバッグ、籠などとして1つ1つ編まれていくそうです(水草を刈り取り、材料として準備する作業はかなりの重労働なんですって!)。非常に丁寧な仕事でありながら大らかで力強く素朴な編み目、でもモダンな雰囲気も合せ持つユニークなテイストだと思います。
img_3479img_3482img_0981
パンを入れても良し、果物籠にも良し、ペーパーナプキンを入れても良し、鉢カバーにしても絵になりそうです(水で洗う事も出来るそうなので食べ物を入れる事も可能らしい)。ずっと使っているうち、水草の色合いの変化も楽しめるのも良いところです。今はまだ緑色の色調ですが、時の経過と共に黄金色になってくるのが楽しみです。
img_3490img_3500
先週末の日曜日は、料理家 有元葉子さんの料理スタジオの前庭で行われたファーマーズマーケット&ブルスケッタ祭に行ってきました。ウンブリア産の初搾りオリーブオイルをたっぷりかけた炭火焼ブルスケッタと有元さん特製サルシッチャは格別の味でした!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

ローマのカラヴァッジョ

カラヴァッジョの傑作を訪ねる旅はまだまだ続きます。この日は、ローマのサンタ・マリア・デル・ポポロ教会 Basilica di Santa Maria del Popolo にやってきました。
IMG_9249ローマへの北の玄関、ポポロ門(旧フラミニア門)を入ってすぐのところにあるサンタ・マリア・デル・ポーポロ教会は、一見その簡素な外観からは想像できないほど、内部には素晴しい芸術作品を有しています(建設にはラファエロやベルニーニらが携わった)。この日のローマは36℃の猛暑。教会そばのポポロ広場では某有名アーティストによる野外ライブが開催されていて、人、人、人のにぎわいでしたが、教会内部に一歩足を踏み入れた瞬間からホッとする様な静けさに迎えられました。外の喧噪と猛暑にもかかわらず教会内はなんて涼しく快適なんだろう…!さて教会に入ってまず正面、主祭壇のほうに進んでゆくと、13世紀にビザンチン様式で描かれた(上の写真の板絵)、聖母子画マドンナ・デル・ポポロ Madonna del Popolo (拡大画像)が飾られています。
IMG_9242主祭壇の左側にあるチェラージ礼拝堂の正面を飾るのが、アンニーバレ・カラッチ Annibale Carracci 作『聖母被昇天 Assunzione della Vergine 』です。カラッチはカラヴァッジョのライバルといえる画家ですが、彼自身カラッチの才能を認めていたようです。この聖母被昇天を挟むように左右の側壁には、カラヴァッジョの2作品が描かれているので、この礼拝堂は好敵手カラヴァッジョとカラッチの競演を堪能出来る、まさに聖地と言っても過言ではないでしょう!!
IMG_9244カラヴァッジョ作『聖パオロの回心 Conversione di San Paolo 』
夏の午後になると、教会の窓からパオロの広げた腕に太陽の光が差し込みます。それはまるでパオロの改宗を促す神の光のように画面を横切るんですよ。
IMG_9245同じくカラヴァッジョ作『聖ペテロの逆さ磔 Crocifissione di San Pietro 』
先ほどの聖パオロの回心では馬の大きな尻が向けられていましたが、こちらは十字架の柱を埋める穴を掘っていた男の尻や汚れた足の裏が向けられています。逆さ磔にされた聖人と黙々と重労働する男たち…。とてもインパクトある構図に圧倒されました。
IMG_9248教会入口は入ってすぐ左側には、キージ家礼拝堂があります。これはその礼拝堂のクーポラ。ラッファエッロが設計しました。

IMG_9389教会から再び外の世界へ〜(笑)!ローマの高級食材店Castroni でショッピング。
IMG_9396これはシチリア産ペスカ・タバッケリーア Pesca tabaccheria です。ドーナツの様な形をした桃です。香り高くとても甘くて美味しいですよ。加熱調理にも向くのでジャムやタルトにしても美味しいんですよね。
IMG_8672永遠の都ローマの象徴、コロッセオ。正式名称はアンフィテアトロ フラヴィオ Anfiteatro Flavio といいます。日没直後に撮影しました。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

サンセポルクロ

アレッツォから北東方向に約40km、ルネサンス期の画家、ピエロ・デッラ・フランチェスカが生まれた町、サンセポルクロを訪ねました。アレッツォからは車で約40分ほどです。途中「アンギアーリの戦い」で有名なアンギアーリ村も通過するので、楽しいドライブも満喫出来ました!
IMG_8815サンセポルクロ市立美術館 Museo Civico Sansepolcro にて。この美術館では、ピエロがこの町で描いた最高傑作「キリストの復活」の他にも、何点かの彼の代表作を見る事ができます。美術館エントランスのパネルには、ピエロの作品「聖人像(聖ユリアヌス)の断片」から瞳のアップがデザインさせていて、「よく来たね」という感じで僕たちを迎えてくれますよ。IMG_8730ピエロの傑作「キリストの復活 La Resurrezione 」 このフレスコ画がいつ描かれたかは特定はできないようですが、1458年から74年の間と思われています。この時期はピエロが仕事と名声を求め各地に赴いていた時代に終わりを告げ、故郷に戻りサンセポルクロを拠点として活動をするようになった頃だそうです。
IMG_8736実は現在「キリストの復活」は修復作業中で、このように足場を組んだ修復作業現場そのままの状態で公開されているのですよ。すごいでしょ!とても興味深かったです。ここには修復作業に用いる最新機器も置いてありましたが、基本的に修復作業は地道な人間の手作業によって行われるという事が再認識できたように思います。
IMG_8748ピエロ作「ミゼリコルディア祭壇 Il Polittico della Misericordia」IMG_8752市立美術館の窓から見るサンセポルクロの街並。
IMG_8776こちらはピエロの生家です。現在は彼に関する研究所になっています。
IMG_8779ピエロの生家や市立美術館があるニッコロ・アッジュンティ通りです。
IMG_8796サンセポルクロのお洒落なバールでティータイム。イタリアはもちろんコーヒーが主流ですが、最近は紅茶も美味しく飲めるバールも意外に多いですよ。
IMG_8834サンセポルクロに行く途中にあるアンギアーリ村。村は丘の上にあり、眼下には美しいトスカーナの平野が広がっていました。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

カラヴァッジョ展

上野の国立西洋美術館で開催中のカラヴァッジョ展に行ってきました。
IMG_1937今回のカラヴァッジョ展では、彼の傑作11点が集結。そしてカラヴァジェスキと呼ばれるカラヴァッジョの画法に影響を受けた同世代または次世代の画家たち(ド・ラ・トゥールら)の作品も、40点ほど展示されています。カラヴァッジョの作品が11点だけ??と思った方もいるかもしれませんが、現存する彼の真筆は60点程度らしいので、一挙に11作鑑賞出来るのは素晴しい機会だと思いますよ。目玉の1つは、2014年にカラヴァッジョの真筆として公表された「マグダラのマリア」。今回が世界初公開です。ちなみに僕は昨年秋にもローマの教会でカラヴァッジョの大作を見たばかりだったので、感激ひとしおでした。国立西洋美術館の展示スペースはそれほど広くありませんが、この日は混んでなかったのでゆっくり鑑賞できたのも良かったです。
IMG_1925国立西洋美術館前庭のブロンズ像「弓をひくヘラクレス Hercules the Archer (ブールデル Émile-Antoine Bourdelle 作)」の前で撮影しました。ヘラクレスはギリシャ神話の英雄。この作品はヘラクレス「十二の功業」からのテーマによっています。ヘラクレスに負けないエネルギーに満ちあふれている僕です(笑)
IMG_1938IMG_1935IMG_1926IMG_1919_2
さて、東京のサクラ(ソメイヨシノ)も開花していよいよ春本番!なんだかウキウキしますね。この季節になると僕はラズベリージャムを沢山作ってヴィクトリア・サンドイッチケーキを焼きます。ヴィクトリア・サンドイッチケーキは、言わずと知れた英国を代表する伝統的なケーキ。バターのリッチで重厚な風味と、ラズベリージャムの甘酸っぱさが絶妙な味のコンビネーションです!何度食べても飽きの来ない美味しさが素晴しい。この世のケーキの中で僕が最も好きなケーキかもしれません。バター、小麦粉、砂糖、卵がそれぞれ1:1:1:1という配合なのも覚えやすくて良いですよ!(笑)
IMG_1993IMG_1930
2年前ぐらいに作り方を覚えた和菓子『桜のかるかん』、今年も作りました。桜の季節にぴったりの優雅な和菓子です。そして今度の日曜日はイースターですね。イースターと言えば卵。僕の特製「卵サンドイッチ」です。卵ペーストは、玉ねぎのシャキシャキ感と辛味を少し残して食感も楽しめるようにしました。サンドイッチ用のパンはフワフワし過ぎない、しっかりと焼かれたのが僕の好み。今回はスプラウトの代わりに芥子菜を添えました。
IMG_1910 ラバーゼ la base の究極のパウダー缶。とても素晴しいです!パウダー缶はその名のとおり粉をふるう道具。揚げ物やお菓子作りなどにあるととても便利なのですが、これまでのパウダー缶は最初の一振りはパッと粉がでても、だんだん詰まってきてトントンとやらないと出てきてくれませんでした。こちらのパウダー缶はその問題点を改善した、何度振るってもストレスなしに粉が出て来る優れもの!網をドーム状にすると良いのは分かっていても、それをするのは大変な技術が必要なのだそうで、これまでなかなか良いパウダー缶がなかった理由がそこなんですね。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer