ニューヨークワイン🍷

ニューヨーク州フィンガー・レイクス地方のワインが届きました。名前のごとく指のような大小11の湖からなるこの地方は、高品質のリースリングでも名高いところです。
img_1445日本ではニューヨーク州のワインはまだほとんど馴染みがないと思われます。多くのみなさんにとってNYといって思い浮かべるのは、マンハッタンをはじめとするNYCじゃないですか?「ほんとうにNYでワインを生産しているの?」って半信半疑されることも。実はニューヨーク州はかなり広大な州で、北海道と九州を合わせたような広さなんですよ。冷涼な気候で葡萄が栽培されるためため、とてもエレガントなスタイルのワインが特徴です。特に高品質のワインが生産される5地域がAVA (American Viticultural Areas) に認定されています。僕は数年前ロングアイランドやハドソン川沿いのワイナリー、そしてブルックリンのワイナリーなどを訪ねた事があり、その素晴しさを再認識させられました。小規模ワイナリーが多く、ほとんどが家族経営。高品質で丁寧な作りのワインも少なくありません。ビオデナミ農法でワイン造りに挑戦する生産者や、ワイン造りのみならずサステイナブル農法の礎造りにも大きく貢献している生産者も!今日紹介するワインは、カナダ国境に近いフィンガー・レイクス地方のワイナリー、Dr. Konstantin Frank(ドクター・コンスタンティン・フランク/ 1962年にケウカ湖畔に設立された)のサーモン・ラン・リースリング2014です。食事を邪魔しない程度のほのかな甘さとエレガントな香り、柔らかな味わい、程よい酸が見事に調和しています。美しいブルーのボトル、レトロなラベルデザインも印象的。余談ですが、みなさんSalmon Runサーモン・ランという英語の意味はご存知ですよね。鮭が生まれた川に戻って来る事(産卵のために遡上すること)です。
img_1449さて、昨日はひな祭り。毎年恒例ひな祭りの我が家のディナーは、僕の特製『桜麩と帆立貝の茶碗蒸し』からスタートです。この茶碗蒸しは通常よりもだし汁の割合が多いので、ふるふるの柔らな食感が特徴。お吸い物代わりとしても楽しめますよ!みんなに大好評!
img_1453こちらは僕の特製『ひな祭りのちらし寿司』です。10種類以上の具材を当日の2日前から少しずつ作って準備しました。とても美味しいですよ!今年はイクラも散らしてみました。北海道の前浜で捕れたイクラです。一般に出回っているイクラの多くは川で捕れたものなのですが、伝統的な高級すし店では、前浜で捕れたイクラを使います。格別の味わいだからです。
img_1430♪ Be My Love from “The Toast of New Orleans” Music by Nicholas Brodszky
これは映画『ニューオリンズの美女』の素晴しい劇中歌である。僕の得意な曲でもある。今月ヨーロッパに持っていくよ〜。それにしてもマリオ・ランツァのイメージが強すぎる(笑)

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s