妖精トムテ

ハロウィンが終わって、今日は『諸聖人の祝日』。我が家ではカボチャから早くもクリスマスの飾りつけへ。さすがにツリーはまだ先ですがね(笑)
img_1533これはクリスマスに大活躍する北欧の妖精「トムテ」のオーナメントです。フィンランド語ではトントゥ tonttu と呼ばれます。羊毛とシラカバを使って作られているんですよ。トムテは北欧に古くから言い伝えられているいる妖精で、農家の守り神的な存在。清潔な家には住み着き、その家に繁栄をもたらしますが、大切に扱わないとその家を見捨てて不幸をもたらすと言われています。働き者で、人が寝静まった頃に姿を現し馬の世話や暖炉の火の番人、掃除などをします。しかし人の前には絶対に姿を現さないので、だれもトムテを見たことが無いんですよね。現代のトムテは商業主義的なクリスマスの影響を少なからず受け、トナカイが引くそりに乗って子供たちにプレゼントを配るという、サンタクロース的な役割も担わされているようですが…。
img_1535僕の特製『自家製オレッキエッテのプーリア風』です。南イタリアはプーリア地方を代表する家庭料理の一つね。オレッキエッテはイタリア語で、小さな耳、という意味です。とても素朴な料理ですが、飽きのこない味わいが魅力なんですよ。オレッキエッテは、セモリナ粉さえあれば簡単に美味しく作る事が出来るので、僕は市販品ではなくいつも手作りしています(ざらつきのある風合いに形作るのがコツなんです)。本来ならばプーリア地方の野菜、チーマ ディ ラーパを使うのですが、この日は美味しいカブ(タケイファーム)の葉で代用してみました。僕の大好物、プーリア地方の秋から冬のパスタです。

img_1536僕の手作りオレッキエッテ orecchiette です。ディナーナイフを使って引き伸ばしながら形作っていきます。乾燥させると更に風味が増し味わい深くなりますよ。
img_1539img_1538
そうそう、一昨日は東京音楽大学付属高校の同窓会がありました。男子同級生の参加は僕を含めてたった2人だけ。ピアノの小川典子さんが来たので良かった。ハロウィン前夜、同級生の魔女達と共に楽しいひと時(爆)!僕は高校の時とほとんど変わらないみたいで元気なオーラ満載なんだって!!先生方にも「管野、相変わらず超元気だね〜」って言われました(笑)。いつもトレーニングやってるからかなあ??
img_1534それではみなさん素敵な11月を!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s