サンセポルクロ

アレッツォから北東方向に約40km、ルネサンス期の画家、ピエロ・デッラ・フランチェスカが生まれた町、サンセポルクロを訪ねました。アレッツォからは車で約40分ほどです。途中「アンギアーリの戦い」で有名なアンギアーリ村も通過するので、楽しいドライブも満喫出来ました!
IMG_8815サンセポルクロ市立美術館 Museo Civico Sansepolcro にて。この美術館では、ピエロがこの町で描いた最高傑作「キリストの復活」の他にも、何点かの彼の代表作を見る事ができます。美術館エントランスのパネルには、ピエロの作品「聖人像(聖ユリアヌス)の断片」から瞳のアップがデザインさせていて、「よく来たね」という感じで僕たちを迎えてくれますよ。IMG_8730ピエロの傑作「キリストの復活 La Resurrezione 」 このフレスコ画がいつ描かれたかは特定はできないようですが、1458年から74年の間と思われています。この時期はピエロが仕事と名声を求め各地に赴いていた時代に終わりを告げ、故郷に戻りサンセポルクロを拠点として活動をするようになった頃だそうです。
IMG_8736実は現在「キリストの復活」は修復作業中で、このように足場を組んだ修復作業現場そのままの状態で公開されているのですよ。すごいでしょ!とても興味深かったです。ここには修復作業に用いる最新機器も置いてありましたが、基本的に修復作業は地道な人間の手作業によって行われるという事が再認識できたように思います。
IMG_8748ピエロ作「ミゼリコルディア祭壇 Il Polittico della Misericordia」IMG_8752市立美術館の窓から見るサンセポルクロの街並。
IMG_8776こちらはピエロの生家です。現在は彼に関する研究所になっています。
IMG_8779ピエロの生家や市立美術館があるニッコロ・アッジュンティ通りです。
IMG_8796サンセポルクロのお洒落なバールでティータイム。イタリアはもちろんコーヒーが主流ですが、最近は紅茶も美味しく飲めるバールも意外に多いですよ。
IMG_8834サンセポルクロに行く途中にあるアンギアーリ村。村は丘の上にあり、眼下には美しいトスカーナの平野が広がっていました。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s