上野の桜

桜の季節にぴったりの和菓子と言ってまず思い浮かべるのは、桜餅ではないでしょうか?今年の桜の季節は僕、桜餅作りにも初挑戦しました。
IMG_1984僕の特製『桜餅』です。関東風の桜餅は、白玉粉と小麦粉を水に溶いてクレープのように薄く焼いたあと、小豆あんに包みます。
今回は粒あんにしてみました。とてもおいしいですよ。実はこの桜餅は、和菓子の専門家として人気が高い金塚晴子さんのレシピを参考にしました。彼女の和菓子レシピは美味しいのはもちろん、家庭でも簡単に和菓子が出来るようにアイデアが満載なのが素晴しいと思います。この桜餅の皮は白玉粉の代わりに残りご飯を使うという金塚さんならではのアイディアレシピなんです。
IMG_1002この日の我が家のティータイムは、僕の特製『さくら餅』と宮崎の日本茶(深蒸し茶)。今まで桜餅はお店で買うものと思っていましたがいえいえ、意外にも簡単に美味しく出来るんですね。素晴しいレシピなのでみなさんもぜひ挑戦してみてはいかが?
IMG_1985さてさて、桜が満開!上野の桜を堪能しました。上野と言ってもびっくりするほど多くの花見客でごった返す上野公園ではなくて、東京藝術大学から谷中の閑静なエリアの桜です。まずは中勢以に立ち寄って、花見弁当や牛肉の生ハムを調達。腹が減っては花見が出来ぬ、ですよね(笑)
IMG_1965ビュ〜ンと飛んで、はい、上野にやって来ました!東京藝術大学の桜です。赤煉瓦造りの建物によく似合っているでしょ!?いつも僕たちが慣れ親しんでいる日本的な風景の中にある桜とは違い、こちらのレトロな西洋建築と桜の風景はいつ見ても新鮮な印象を受けます。まるでイギリスかアメリカ東部で桜を見ているかのよう…。
IMG_1980東京藝術大学からもほど近い、谷中の枝垂れ桜。上野から日暮里に続く谷中エリアは、昭和の雰囲気が今も残る素敵なところです。美しい古民家も多く残っています。だから日本文化に興味がある西洋人の観光客もちらほら見かけますよ。それにしても静かな良いところだなぁ。千鳥ヶ淵や目黒川沿いなどの桜の名所も良いですが、僕はあまり人が訪れない穴場的な花見スポットを発見して楽しむのが好きです。
IMG_1989IMG_1990IMG_1988
古民家といえば谷中には美味しいパン屋さんがあります。古民家をそのまま利用したカヤバベーカリーです。日本人が大好きなあんパンなどはもちろん、本格的なバゲットも売られちますよ。この日は僕、バゲットとあんパンを買いました。お店は狭い路地裏をさらに奥に入った所にあるので、初めて行く人はちょっとわかりづらいかもね(笑)でもそれも散策の楽しみのひとつだと思いましょう。ちなみにお店の中庭では軽食や飲み物などを楽しむテーブル席があります。お花も売られています。この日は啓翁桜の枝物でした。
IMG_1976それがこの啓翁桜です。次々に開花してきました。とても愛らしいでしょ!?おそらく今日中には全部咲きそろうことでしょう。僕の部屋でも花見ができるよ〜。それではみなさんも美しい桜の季節をエンジョイして下さいね!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s