カラヴァッジョ

今回、僕のローマ滞在最大の目的といえばナヴォーナ広場にほど近い2つの教会へ、カラヴァッジョ(本名はミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョMichelangelo Merisi da Caravaggio )の大作を見に出かけることでした。
IMG_1352サンタゴスティーノ教会正面の階段にて。午後は16:00から教会が開くので、それまでちょっと階段に座って待っているところ。ここから見える教会前の小さな広場や向かい側の建物、ナヴォーナ広場に続く古い路地…雰囲気抜群!とても美しいですよ。
IMG_1353カラヴァッジョ(1571-1610)はイタリアが誇る、天才画家だよ。彼のドラマティックな明暗法は、後のルーベンスやレンブラントらにも多大な影響を与えたということです。まずはこの教会で見逃せないカラヴァッジョの傑作は、『巡礼者のマドンナ Madonna dei Pellegrini 』。その巧みな明暗法によって浮かび出る人物表現とそのリアルな表現は、西洋美術にあまり馴染みが無い人でもこの絵の中で何かただならぬことが起きていると容易に想像出来るはず。
IMG_1354そして教会の入口を入ってすぐ左側の柱にはラファエロのフレスコ画『予言者イザヤ Il Profeta Isaia 』があります。このフレスコ画の下にある像は、サンソヴィーノの「出産の聖母 Madonna del Parto 」ね。
IMG_1351サンタゴスティーノ教会のファサード。渦巻きの装飾がとても印象的に思いました。シンプルだけと力強く、温かみも感じられます。
IMG_1772IMG_1770IMG_1773
こちらはサン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会にある、カラヴァッジョの大作(3部作)聖マタイ伝です。美術館とかではなく、その絵画があるべきところにある場所で見る感動は言葉では言い表せません!いつまでも見ていたいと思ってしまいました。
IMG_1777サン・ルイージ・デイ・フランチェージ教会内部。フランスの守護聖人サン・ルイが祀られ、ローマ在住のフランス人の国民教会となっています。この教会の天井にはドメニキーノの代表作、「聖セシリアの生涯」を描いたフレスコ画があります。さて、日本のカラヴァッジョファンに朗報!来年2016年は東京上野の国立西洋美術館で、日伊国交樹立150年記念カラヴァッジョ展が開催されます。イタリアの代表的な美術館が所蔵するカラヴァッジョの作品と、その影響を受けたカラヴァジズムの作品約60点が紹介されるとの事です。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

One thought on “カラヴァッジョ

  1. Pingback: カラヴァッジョ展 | SHIGEKI'S OPERA NEWS

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s