春寒(しゅんかん)

今週末は土日とも生憎の雨…それも春寒(立春の後にぶり返した寒さ)に見舞われて凍えるようです!さすがの僕も外出したくない気分。でもこの時期の雨を嫌がってはだめですよね。桜の開花を促す雨でもあるから。本格的な春はもうそこまで来てるよ〜
IMG_0218さて今日は(冬の寒いうちに作っておくべきだったけど)春寒にもぴったり、超美味しくて体が暖まる、僕の特製『豚肩ロース肉の牛乳煮込み』を紹介します。たっぷりの牛乳に香味野菜とセージ、レモン、粒胡椒、にんにくを入れて豚肉をコトコトと超弱火(ほたる火)で煮込んで行くだけのシンプルなフランス家庭料理ですが、一度食べたら病みつきになる美味しさです。
IMG_021710410939_968472876497954_1895379830664594642_nIMG_0216
でも牛乳煮込みなのに白くないと思った方も多いのでは??これはレモンの酸が煮込んでいくにつれて牛乳をもろもろに分離させカッテージチーズのようになるのです。豚肉が柔らかくなった仕上げの段階でこの煮汁を漉すと、この様な半透明のスープになるからなんです(もろもろに分離した牛乳はお肉に風味を与えるので、最後まで取り除かず煮込みます)。フランスでは付け合わせにベルギーチコリのバターソテーを添える事が多いですが、僕はチャイニーズキャベツのバターソテーにしてみました。何となくベルギーチコリに似てません??今日の様な寒い夜にぴったりのこの料理は、フレンチレストランのメニューには決して登場しませんが、素晴しいイデーに満ちあふれた優れた料理だと思います。ちなみにこのお料理、フランス料理研究家の上野万梨子さんのウェブサイトで詳しく紹介されていました。とても読み応えのあるお話とレシピなので、みなさんもぜひ!
IMG_0208さて春は新しい事に挑戦するには絶好のシーズンでもあります。先週3月4日には伊勢丹新宿店本館5階と6階がリモデルオープン!一流シェフや料理研究家の技を間近で体感出来る料理教室が行われる、素敵なキッチンスタジオも登場しました。この日は第1回目を飾るシェフとして東京・恵比寿のフランス料理店『モナリザ(ミシュランガイド一つ星獲得)』オーナーシェフの河野透さんが登場するということで、うれしい参加のお誘いをいただきました。定員はわずか6名!シェフに気軽に調理法などに関する質問が出来るのも良いですね。もちろん実際にシェフが作った料理を味わう事もできますよ。
IMG_0207IMG_0206
この日のメニューは河野シェフの故郷宮崎のニンジンを使ったピュレや、『和牛ステーキのニンジンソース 野菜のソテー添え』など。
このキッチンスタジオは、これまでのショッピングの「商品を見て、買うこと」という概念を覆し「見て→使い方を教わって→味わって→購入を決断!」することができる、エンターテーメント+体験型の売り場と言えるかもしれませんね。洗練された空間で、シェフの素晴しいお話とお料理が味わえて大満足。最高の時間でした。どうもありがとう!
IMG_0210IMG_0209
エントランスホールを飾る見事なヒアシンス!!!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s