小川典子コンサート / 庭園美術館

昨夜は、先週の土曜日にリニューアルオープンしたばかりの旧朝香宮邸 東京都庭園美術館で開催された「小川典子ピアノリサイタル」を聴きに出かけました。
IMG_2281旧朝香宮邸は1910年代から30年代にかけてヨーロッパで人気のあったアール・デコ様式を、当時パリ滞在中実際に見聞された朝香宮ご夫妻の意思によって取り入れ1933年に建てられたものだそうです。その大広間で行われた昨夜のリサイタルは、本物のサロンコンサートと呼ぶにふさわしい優雅な雰囲気の中、小川の演奏を堪能する事が出来ました。客席数は100席ぐらいですので、こんな身近で(僕の席は前から2列目!)一流のピアノ演奏が聴けてなんて幸せなんだろう!彼女はコンサートホールで演奏する時と同じような素晴しい集中力で演奏していました。僕は思わず涙が出そうになりましたよ。昨夜のプログラムは、ドビュッシーとラヴェルの作品から、「沈める寺」「水の反映」「クープランの墓」など。特に彼女の演奏するドビュッシーはCDでも高く評価されて大人気だけど、やはり生の演奏で聴くのは最高ですね。ちなみに僕が初めて彼女のドビュッシーの演奏に接したのは2008年のサントリーホールでのリサイタル。このとき演奏されたドビュッシーのエチュードは今も忘れられません。彼の晩年の作品であるこのエチュードは非常に斬新な音楽的イデーに満ち溢れていて、それまでこの作品を知らなかった僕は強く心を動かされました。

IMG_0037写真は終演後、典子さんと庭園美術館新館ティールームで撮影。彼女とは約1年ぶりの再会でした。
IMG_2275庭園美術館の外観と夜景。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s