トゥールーズ風カスレ

日本列島に寒波が居座っていますね。比較的温暖な都心部でもさすがにここ数日は厳しい寒さの毎日です。と言っても朝の最低気温は0℃ほどなので、北国の本格的な寒さからすれば全然大した事はないのですが…笑
IMG_5738↑僕の特製トゥールーズ風カスレCassoulet toulousain

今日は寒い日のディナーにうってつけ、体の芯まで暖まって美味しくて栄養抜群「トゥールーズ風カスレ」を紹介しますね。カスレは南西フランスの冬の郷土料理。昨夜僕が作ったカスレは、鴨や粗挽きソーセージ、白いんげん豆や香味野菜などを水分がほとんど無くなるまで煮込んで、仕上げにパン粉をふってオーブンで30分ほど香ばしくなるまで焼き上げました。香ばしく焼いたパン粉とお肉やインゲン豆のコクのある味が一体となって、最高に美味しいですよ。先日紹介したリボッリータでもそうでしたが、このような郷土料理は決まったレシピは存在しないので、それぞれの家庭の数だけレシピがあると言っても過言ではありません。僕が初めて演奏旅行でトゥールーズを訪れたのは確か1989年。バラ色の瓦屋根が印象的な美しい街です。街の中心部にはキャピトル劇場Théâtre du Capitole de Toulouseという世界的に有名な劇場があります。ここではオペラやバレエ、コンサートも開催されますよ。
IMG_5643本来はカスールという土鍋を使って作るのですが、このような耐熱ストーンウェアBONPOTを利用しても良いかもね。今度はこれで作ってみようと思います。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s