Tous au Restaurant みんなレストランへ行こう

フランスレストランウィークというエベントが一昨年から毎年日本で開催されていますが、皆さんもうご存知でしょうか?このイベントのコンセプトは、ふだんちょっと敷居が高くてなかなか行けないフレンチレストランにも気軽に行ってもらおうと、例えば憧れの三ツ星レストランでもランチは2,013円、ディナーでも5,000円という安さでフランス料理を味わえるというもの。もともとは2010年にフランスで始まったTous au Restaurant(みんな、レストランに行こう)というイベントで、その日本バージョンみたいなものらしいのです。
IMG_1130ジャガイモと赤ビーツのピュレをJarsのプレートに盛りつける下村シェフ
さて昨日の日曜日はフランスレストランウィーク2013のイベントの一つとして、ミシュランガイド東京版で2つ星を獲得しているレストラン、エディション・コウジ・シモムラ(東京・六本木)のオーナーシェフ下村浩司さんが指導するフランス料理教室がCHERRY TERRACE代官山で開かれたので、僕も楽しみに参加してきました。
昨日教えていただいた料理は、家庭でも手軽に作れるフレンチ4品。超一流シェフが僕の目の前で料理を作ってる姿に接する機会は普段なかなかありません。シェフのお話もとても楽しく、もちろん料理も最高でした。
IMG_1133ずわい蟹の爪とアヴォカドのサラダ仕立てキャビア添え
アヴォカドの扱い方が勉強になりました。アヴォカドの変色を防ぐためレモン汁と牛乳を加えます。牛乳には隠し味程度にうっすらニンニクの香り付けするのもポイント。
IMG_1132鶏もも肉のロースト ジャガイモとビーツのサラダ添え
鶏肉の味付けは通常、鶏の表面に塩こしょうを振りますが、シェフは塩水に12時間ほど漬ける方法を教えてくれました。実際食べてみると鶏肉の中心部まで均等に塩味が付いていて絶妙な鶏の旨味も引き出されていて、とても美味です。ジャガイモとビーツのサラダの色合いがなんて華やかなんだろう!
IMG_3426サフランのプリン 自家製柑橘のコンフィチュール添え
プリンにサフランとはなんという意外性!始めはプリンだけ一口味わって、次にミュズリーを散らして一緒にいただくと異なる食感と味が楽しめてとても美味しかったです。僕の大好物のシチリア産サン・ジュリアーノのマーマーレードも使われていて軽やかな味わいを引き立てていました。
下村シェフはご自身のレストランの他に、日本航空国際線の機内食のプロデュースやJR九州のクルーズトレイン「ななつ星」のデザートを担当するなどとにかく大活躍。僕も今回のイベントを機に六本木のレストランに食事に出かけてみようと思っています(レストランでは本格的なフランス料理教室も開かれているそうなので、そちらも興味あり)。

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s