皇居ランニング

立春が過ぎて東京はぐっと春めいた日がでてきました。しかし暖かかった次の日は決まって冬が戻って来て雪が降ったり北風が吹き荒れたりと、春への歩みはまだ一進一退というところです。

20130208-145515.jpg
昨日は春を感じさせる穏やかな東京都心だったので、久しぶりに僕はお昼休みの時間帯を利用して皇居ランニングに出かけてみました。この写真正面が皇居ですよ。暖かくなってきたとは言ってもまだ冬の様相でしょ?昨日はここ三宅坂(最高裁判所前)から皇居ランニングをスタート。僕の皇居ランの楽しみ方は、速いペースで走るというよりは、皇居周辺の美しい風景を堪能しながらのランニングです。皇居一周約5kmのランニングコースは、国会議事堂、国立劇場、イギリス大使館、半蔵門、桜田門など東京の名所を眺めながのランニングなので、飽きることがありません。とても楽しいですよ。それに平日昼間はランナーも少なく空いているので、ストレスなく走ることができるしね〜。ちなみに昨日僕が走った総走行距離、合計タイム、1km毎のペースなどが楽しいグラフィックでこちらから見ることが出来ます!
ちなみに僕が皇居ランニングを始めたのは2009年9月。その時の様子も以前このブログで紹介していたのでこちらからご覧になってみてください。もうあれから4年になるのかぁ〜。懐かしいな(笑)

20130208-175247.jpg
さて、この前の日曜日は日本橋三越で米麹の魅力を学ぶ料理教室に参加。その時学んだ米麹を使ったさまざまなレシピ(料理研究家河合真理さんのレシピ)の中でも特に僕が気に入った物は甘酒です。米麹をお粥に混ぜて一晩ホットキルト(保温カバー)の中で発酵させると、上品な香りと甘さが素晴らしい甘酒が出来上がります。早速自宅で作ってみました。この濃い甘酒は水や牛乳で好みの濃度に薄めて飲んだり、調味料として多種の料理にも展開できます。またキューブ状に冷凍してシャーベットにしていただいても絶品でした。僕はランニングの前に甘酒を飲んでみましたが、持久力が増してパワフルに走ることができました。

20130209-093154.jpg
こちらは甘酒を調味料として使った、鶏肉と大根の煮物。優しいほっとするような味わいが魅力です。僕は一目見てフランスの鶏のフリカッセを思い出しました。だから我が家ではこの料理を鶏のフリカッセ甘酒風味と呼んでいますよ。本来のフランス料理のフリカッセよりも健康的かもね!

By 管野滋樹
Shigeki Kanno/Opera Singer

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s