僕の手づくりプルーン・ジャム!

手づくりプルーンジャム手づくりプルーンジャムb 
手づくりプルーンジャムa 
北海道余市町から新鮮な生のプルーンが届きました!
送られてきたプルーンは約2kgほど。樹の上で完熟してから収穫されたので、とても甘く酸味が少ないのが
特徴です。早速、生で食後のデザートとしていただいた後、残りのプルーンでジャムを作りました。

僕の手づくりプルーンジャムのレシピ、作り方はとても簡単なので紹介します。

今回はプルーン1.2kgに対して砂糖が500g それから1個分のレモンを絞った果汁とうい感じ。
材料はこれだけです。

まず、プルーンをナイフで半分に切って種をとり除き、半量の砂糖をよくまぶしてプルーンの果汁が
上がってくるまで数時間待ちます。
その後、プルーンを厚手の鍋で、残りの砂糖を数回ずつ分けながら加えていき煮詰めます。
果肉の形が残るように煮詰めていっても美味しいのですが、今回は煮詰めている途中、バーミックスで適度な
滑らかさになるように少しだけかくはんしました。ただし滑らかにしすぎないように!皮が適度に残って
いる程度がいいです。皮もとてもおいしいですよ。このほうがとろみが上手につくし、発色もよくなると思います。

好みの感じに煮詰ってきたところで、レモン汁を加えてもう一呼吸煮詰めたら出来上がりです。
僕はプルーンが沸騰状態になってから、中火を維持したまま約10分間かけて一気に煮詰めていきました。

サン・ジュリアーノ侯爵家のマーマレードの瓶をとっておいたので、それを保存容器として活用。
3本分と小さな瓶1本の手づくりプルーンジャムが出来上がりです。

早速ヨーグルトと一緒に味見をしましたが、素晴しい素材で作った手作りジャムの味は絶品でした!

By 管野滋樹 →プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer

banner_22      recipe_blog_1

Advertisements

2 thoughts on “僕の手づくりプルーン・ジャム!

  1. 滋樹さん、この写真のプルーンとても美味しそうですね~!私も生のプルーンが大好きです!生のプルーンをそのまま干したドライフルーツも大好きなんですが、ジャムもさぞ美味しいでしょうねえ。私は先週末群馬へ帰省した折に、赤城山の紅葉を観に連れて行ってもらいました。その帰り道途中のお店で栗、古漬けたくあん、りんご(名前は忘れましたが濃い赤の物)、など買ってきました。栗は姉がその晩栗ご飯にしてくれました。秋の味覚の美味しいご飯でした!珍しく見つけた紅玉りんごの方は名古屋まで持って帰り、私もちょうど今日ジャムを作ったんですよ(^-^)作り方は滋樹さんと同じでした。

  2. Mariaさんコメントありがとう!プルーンのジャムを作ったのは今回が初めてですが、とても美味しくて、大満足です。やはり新鮮な果物で作る、手作りジャムはの味は格別ですね!紅玉りんご、甘酸っぱくておいしいですよね。実は、間もなく青森から、樹齢100年以上の樹で実った紅玉りんごが送られてくるので、楽しみにしているところなんですよ。先日、りんごとカボスの皮で作るジャム(意外な組み合わせだけど大変美味)を田園調布のフリーマーケット(ブログで紹介した)で教えてもらったので、今度はこのジャムに挑戦したいと思っているところです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s