特製手打ちうどん イタリアンスタイル!

特製手打ちうどんa
これまでこのブログで、僕の特製手打ちパスタニョッキなどの多彩なイタリアンパスタ、皮から作った本格的な
水餃子などの数々を紹介しましたが、今日はいよいよ日本のパスタともいえる、特製手打ちうどんです。
つやつやした美しい麺、心地よい歯ごたえが素晴しい出来ばえです。
僕は最高級のトスカーナ産オリーブオイル、フレスコバルディ・ラウデミオ エクストラバージンオリーブオイル
和風のつゆ(または生醤油)、すだちでいただくのが大好きです。
上質のオリーブオイルは和風麺との相性も
素晴しく、素材の持ち味を引き立ててくれます。
今日紹介する(今までも何回も紹介しましたが‥)トスカーナ産のオリーブオイルは、ピリッとしたスパイシーな
風味も素晴しいので、特に薬味をかけなくてもいいのです。しつこさがまったく感じられません(オリーブの
フレッシュジュースみたいですよ)。
サイドディッシュは、特製関東風のり巻き&いなり寿司。
特製手打ちうどん
手打ちうどんを作るのは大変と思う人も多いと思いますが、僕はイタリア製パスタ・マシンを上手に
活用しています。特に生地を均一に延ばす作業にはとても便利です。
オリーブの木で作られたカッティング・ボート(大小二種類のサイズがあります)も僕の必需品です。

 特製 秋刀魚(さんま)のグリル イタリアンスタイル
秋刀魚2008
秋刀魚の美味しい季節になりましたね!
今日の秋刀魚は、東京の一流魚店で購入した、とても立派な秋刀魚です。お刺身を作ると二人分出来ますよ。
たしか7月ごろの初入荷の時は、一匹1,500円ぐらいで売られていたと思いますが、今は380円です。
今日(昨夜)は丸ごと一匹グリル(塩焼き)にしました。
大きいからといって半分に切って焼くと、旨みや脂が流れていまいおいしくないので、丸ごと焼きましょう。
僕はすだちと、やはりこれにも
フレスコバルディ・ラウデミオ エクストラバージンオリーブオイルでいただきます。
肉や野菜の他に、このような焼き魚にも上質なオリーブオイルはよく合います。
脂がのった秋刀魚の塩焼きに、オリーブオイルなんかかける必要は無いのでは、と思うかもしてませんが、
秋刀魚の風味が驚くほど増します。特に秋刀魚は内臓がほろ苦くて美味しいですが、ぜひオリーブオイルを
ちょっと振りかけて食べてみてください。最高ですよ~!

By 管野滋樹 →プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer

banner2

recipe_blog_1 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s