東敦子オペラ・アリア集

先月23日、コロムビア・ミュージック・エンターテーメントから、LP時代に大活躍した
日本人アーティストの名演の数々(来日外国人アーティストを含む)を集めCD化した全10タイトルが
コロムビア・ヴィンテージ・コレクションとしてリリースされました。
今日はその中から僕が購入し、大感動した「東敦子オペラ・アリア集」を紹介します。
東敦子さん(1936~1999)は、1960年代後半から1970年代にかけて、
世界中のオペラ・ハウスで大活躍した素晴しいオペラ歌手ですが、
このCDは東さんが1969年1月、日本に一時帰国された時に、東京で録音されたものです。
このCDで聴くことが出来る東さんの歌声は、実にチャーミングでみずみずしく美しいのですが、
それにもまして圧倒的な表現力と、役になりきった情熱的な歌に思わずひき込まれてしまいます。
全盛期の東さんの歌が、いかに素晴しかったかが証明されるCDといえましょう。
ただこのCDは、ちょっと今では考えられないような、ユニークな録音方法が取られていたようです。
一般的にこの種のオペラ・アリアのCDというのは、歌手と気のあった指揮者、オーケストラが
協力して録音、製作されますが、このCDは、アリアの伴奏用音源に合わせて東さんが歌って
録音したCDなのだそうです。
本来なら指揮者が歌手を引き立てて、歌いやすいようにオーケストラと合わせていくところを
その逆を行っているわけで、東さんにとってはとても難しい仕事だったろうと想像されます。
でも、そんないきさつがあった録音だったとわからないほど、優れた歌唱で
聴くものに訴えかけて来るのには驚きです。
僕はこれまで東さんの素晴しいオペラ公演の数々に接することが出来、また大学時代は
彼女から声楽上のアドバイスを数多くいただくことが出来たのは、とても素晴しい経験でしたが、
このCDは、東さんの歌に接したことが無い若い世代の声楽家はもちろん、多くの音楽ファンに
ぜひ聴いてほしいと思います。

東敦子アリア集 

オペラ・アリア集/東敦子[CD] ←クリック Rakutenで詳しく見る
\1,575(送料込)

By 管野滋樹 →プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer

banner2 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s