僕の特製和定食!

特製和定食
最近僕、コンサートや新しいオペラのレパートリーの練習のため、料理を作る時間が
あまり取れなかったのですが、今日は昼過ぎまでオフだったので、自宅でちょっと手の込んだ
昼食を作ってみました。
やはり僕にとって料理作ることは、リラックスできる大切な時間です。
今日は友人からもらった鯒(コチ)というお魚で、お刺身を作りました。
鯒は見た目はユニークな形をした魚ですが(平べったいカサゴのような)白身で上品な味です。
僕の大好きな魚の一つです。今は旬の時期を迎えて、大変美味しいです!
通常はフグのお刺身の様に薄造りで楽しむのですが、今日は僕、小さめのぶつ切りでいただきました。
旨みがより豊かに感じられるので、鯒に関しては、この切り方の方が僕は好きです。
ぽん酢醤油と紅葉おろし添えです。
他に、僕の特製青菜の胡麻和えと、大寅の鱧ごぼうがき天、玄米ご飯、わかめの味噌汁などです。
普段ランチは、パスタやうどんなど、麺類で済ませることが多いのですが、やはり正式な和食の昼食は
いいものですよ~。
僕の美声は、この様な新鮮な魚を普段たくさん食べているからだと、東京に住む友人のイタリア人は
本気で思っているようです。
演奏会が近くなると牛肉や馬の赤身が声にいいのですが、とり過ぎると気持ちがイライラしてくるので
魚もバランスよくとるように心がけています。
はもの湯引き
↑こちらは昨日の夕食でいただいた、鱧(はも)の湯引き。

鱧の季節がやってきました。東京では鱧はあまり見かけませんが、僕のいつも利用している食料品店では
この時期になると毎日の様に湯引きにして売られています。
このように梅肉たれと、酢みそが添えられているので、お好みのタレ
でいただけるようになっています。
大体、淡路産の鱧が入荷されるのが多いですが、今回は大分産でした。
鱧は大変生命力のある魚で昔、冷蔵庫が無い時代に内陸の京都まで運ばれてきても
生きていたほどなのだそうです。
鱧はご存知のように細かい骨がたくさんあるので、骨切りという調理法が行われます。
さすが熟練の技、チクチクした骨が感じられず、大変美味でした。

By 管野滋樹 →プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer

banner2

recipe_blog_1 

Advertisements

2 thoughts on “僕の特製和定食!

  1. いつも訪問していて、思うことは
    SHIGEKIさんのお料理の香りと味が知りたい・・・
    そして、何よりSHIGEKIさんの美声が聞けないこと!
    が悲しい。。
    です。イメージが膨らみすぎてます^^;

  2. ayaさん、
    こんにちは!
    いつも僕のブログを訪ねていただき、ありがとう!
    機会があったら、ぜひコンサート聴きに来て下さいね♪

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s