新作イタリア映画を楽しもう!

イタリア映画祭2008 

今日も前回に引き続き映画のお話を少し。
そろそろ今年のゴールデンウィークの計画を立て始めるころだと思いますが、僕が楽しみにしている
ゴールデンウィークの恒例のイベントの一つ、東京で開催される「イタリア映画祭2008」を紹介します。
今年で8回目を迎えるこの映画祭は、6日間の開催期間中、1万人を超える観客が訪れるまでに成長しました。
今年は、2006年以降に製作された新作11作品と、短編4作品、それからイタリア映画史の金字塔、
フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」が上映されます(フェリーニの没後10年を記念して2003年に
カンヌ国際映画祭で開催された、フェリーニ回想特集を機に復元されたニュープリントで上映!)。
イタリア映画の新作を、日本にいながら一挙に鑑賞できる素晴しい機会ですので、映画ファンはもちろん
日頃あまりイタリア映画に馴染みの無い皆さんも、ぜひゴールデンウィークの計画の一つに入れてみては
いかがでしょうか?
ちなみに僕は、ロベルト・ファエンツァ監督の「副王家の血筋 I vicere’ (2007年)」を観に行く予定です。
ストーリー(映画祭パンフレットの解説による)は、18世紀半ばのシチリア。ブルボン朝の支配を経て
イタリアに統一されようとしていた時代、かつてのスペイン副王の末裔、ウゼダ家の話。
フェデリコ・デ・ロベルトの古典小説を元に、ヴィスコンティが「山猫」で描いていた時代に現代イタリアを
折り重ねながら、ファエンツァ監督は豪奢にシニカルに、愛憎と欲望と情熱と政治と理想と迷信の入り乱れた、
優雅で滑稽な家庭劇に仕上げられているようです。なかなか面白そうでしょ?

●イタリア映画祭2008: 5月1日(木)~6日(火・休) 有楽町朝日ホール 
  詳しくはこちら

By 管野滋樹 →プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer

banner_02 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s