プロヴァンスの贈りもの‥

カジキマグロのプロヴァンス風 
 ↑僕の特製「カジキマグロのプロヴァンス風」

今日の午後はヘアーサロンでカットしてもらった後、自宅に戻ってゆったりとDVD鑑賞、
ラッセル・クロウ主演の映画「プロヴァンスの贈りもの」を観ました。
この映画は日本では昨年の夏に公開されましたが、僕は今回が初めてです。とても良い映画ですね~。
ストーリーはロンドンの金融界で豪腕トレーダーとして多忙な日々を送るマックス(ラッセル・クロウ)が、
亡くなった彼のおじさんのプロヴァンスにあるシャトー(少年時代、マックスも過ごした思い出の家)を
訪ねたとき、地元のレストランで働く女性ファニーと運命的な再会を果たしたことから始まるラブストーリー。
でも、僕が感動したのはなんと言っても、この映画の映像の桁外れな美しさです!
それもそのはず、撮影に使われたのはプロヴァンスのリュブロンに実在するでシャトーで、撮影時には
ちょうど葡萄の収穫時期に重なっていた為、その風景の美しさは息をのむほどです。
また、映画では良き時代のプロヴァンスの生活スタイルを垣間見るようで、とてもリラックスした気分に
浸ることができました。
僕もかつて夏休みは、プロヴァンス地方で過ごすことが多かったため、この土地は特別の思い出が数多く、
映画の中のシーンに、自分の姿を当てはめて観ていたので感動ひとしおだったのかも知れません。
●原作:ピーター・メイル、監督:リドリー・スコット、出演:ラッセル・クロウ、マリオン・コティヤールほか
プロヴァンスの贈りものクリック Amazonで詳しく見る
プロヴァンスの贈りもの
さて、僕の今日の特製料理(一番上の写真)の説明です。
映画に登場するプロヴァンスの素晴しい食卓やワインに影響され、今日はプロヴァンス料理を作ってみました。
作り方は紫たまねぎをカジキマグロで巻いて、プロヴァンスのハーブ(タイム、オレガノ、マジョラム、
ローリエなど)とニンニク、オリーブオイル、塩、胡椒を振りかけてオーブンで焼き上げたシンプルな料理です。
カジキマグロの旨みと紫たまねぎの甘さ、それからハーブとオリーブオイルの香りが調和して、
それはそれは美味しいですよ~(今日のオリーブオイルは、ギリシャはクレタ島産を使ってみました。
とても繊細な風味のオイルなので、魚料理にとても合っていました)。
このような料理法はイタリアでもよく行われていて、イタリア語ではインヴォルティーニと呼ばれます。
魚に限らず牛肉や仔牛肉、ハムなどを使っても美味しいですよ。
 
By 管野滋樹 →プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer

banner_02

recipe_blog_1 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s