明日館の夜桜とチェロの調べ‥

明日館の夜桜 
昨夜は、「明日館」の夜桜を楽しみに出かけました。
明日館は自由学園誕生の校舎(1921年)で、旧帝国ホテルの設計者としても有名な
アメリカが生んだ建築の巨匠、フランク・ロイド・ライトの設計した建物の一つです。
幾何学模様が印象的な大きな窓を通して眺める満開の夜桜はとてもロマンティックで、まさに春爛漫!!
レトロな雰囲気の広間にいると、大正時代にタイムスリップしたような感じになります。
建物は関東大震災や太平洋戦争の被害も免れ、現在は国の重要文化財になっています。
明日館は、「建物は使ってこそ維持保存ができる」との考えから、使いながら文化財価値を保存する
“動態保存”のモデルとして運営されているんですよ。
このため様々な用途で使用されているようなのですが、文化財を身近に感じ、明日館の美しさを
満喫してもらうイベントの一つとして現在、2008 CHERRY BLOSSOM PARTYとのネーミングで
明日館桜見学会が開催されています(4月5日の土曜日まで)。詳しくは
こちら明日館の夜桜a 
  ↑中庭に出てみました。こんな感じで静かに夜桜を楽しむ事ができます。

明日館の夜桜c
↑樹齢約60年の桜の幻想的なライトアップが、日常を忘れさせてくれます。
  お酒付き見学チケットを購入すると、チェリービールまたはスパークリングワインと
  特製グリッシーニをいただきながら楽しめますよ~。

明日館明日館の夜桜d
明日館の夜桜b
↑イベント中は毎日、中庭や広間でコンサートも開かれています。
  昨夜はチェロのコンサートでした。夜桜とチェロの調べ‥とても贅沢なひとときでしたよ。

明日館a
↑館内にはフランク・ロイド・ライトゆかりの作品も展示されています。

明日館講堂
↑こちらはライトの弟子、遠藤新設計による講堂です(1927年完成)。

昨夜は桜、満開の状態でしたが、土曜日のイベント最終日まで楽しめると思いますよ。
桜吹雪の中のお花見も、素敵じゃない?

By 管野滋樹 →プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer

banner_02 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s