カラヤン生誕100年記念イベント続々!

DVD
カラヤン / クルーゾー 指揮の芸術5 ジュゼッペ・ヴェルディ レクイエム ←クリックAmazonで詳しく見る
カラヤン / クルーゾー 指揮の芸術5 ジュゼッペ・ヴェルディ レクイエム

今年は20世紀のカリスマ的指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100年を迎え、
来月4月5日の彼の誕生日が近づくにつれて、これまで未発表のカラヤン最晩年のCDやDVDの
発売の他にも、続々と彼の記念イベントが開催されるようです。
今日はその一つ、カラヤンの誕生日4月5日(土)から11日(金)まで、
サントリーホールで開催される、「カラヤン生誕100年記念フィルム・フェスティバル」をピックアップしました。
フェスティバルの内容は、カラヤンとフランスの映画監督アンリ・ジョルジュ・クルーゾーのコラボによる、
映像作品の数々。
フレーニ&ドミンゴの豪華なコンビによる「マダム・バタフライ」や、若き日(トレードマークの髭が無い頃)の
パヴァロッティの輝かしいソロによるヴェルディ「レクイエム」、リハーサルシーンつきのベートーヴェンの
交響曲第5番などが一挙に上映されます。
これらの傑作フィルムは、これまで世界中で数え切れないほど上映され(もちろんDVDで鑑賞された方も含め)
多くの音楽ファンに愛されてきたましたが、これらの作品は単なるコンサートやオペラの記録フィルムではなく、
巨匠カラヤンが思い描いていた、彼独自の映像と音楽の融合に成功した、とてもユニークな音楽フィルムです。
これまで何度となくご覧になったことがある方も、カラヤン・イヤーの今年、サントリーホールのエレガントな
音楽サロン「ブルーローズ」で、1960年代の全盛期のカラヤンの音楽に浸ってみてはいかがでしょう。
ちなみに僕は、プライス/コッソット/パヴァロッティ/ギャウロフの豪華歌手陣を配し、スカラ座のオーケストラ
合唱を指揮した、ヴェルディの「レクイエム」を観に行こうと思っています。

By 管野滋樹 →プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer

banner_02

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s