ボーン・アルティメイタム!

ボーン3 
今日は、映画館に行って僕の大好きなボーン・シリーズの第3作目、
マット・デイモン主演、ボーン・アルティメイタム The Bourne Ultimatum を観ました。
実は、公開初日の11月10日にも映画館には出かけたのですが、
僕が映画館に到着したときには,その日の上映分がすべて売り切れで、
見ることができず断念。
やっと今日時間が出来たので、観ることが出来たのです。
さて、今回の完結編「ボーン・アルティメイタム」、期待どおりの素晴しい作品でした。
お決まりのカーチェースは今回もしっかり見せてくれて、さらにパワーアップした感じだし、
カメラワークが天才的に凄いから、ぜんぜんマンネリな感じがしません。
モロッコの美しい街タンジールでの逃走シーンも、いくつもの民家の屋根を飛び越えて、
部屋の中に乱入したり、下を見ると露地から敵が迫ってきたりと、
高低差を効果的に利用した二重舞台を見ているような錯覚に落ち入ってしまいました。
大詰めは、政府の極秘「トレッドストーン計画」で暗殺者として育成されたジェイソン・ボーンの
悪夢の始まりとなった特別研究所に、パメラの4-15-71の暗号によって導かれ、
ついにボーンの記憶がよみがえり、彼を苦しめていた呪縛から開放されるのです。
ラストシーンは実に華麗というか、非常に気持ちのいいすっきりとした終わり方で、
この完結編のレベルを高いままで維持できた理由が、ここに凝縮されていると思われます。
ボーンがヴォーゼンの銃に撃たれ、遥か下を流れるイーストリーバーに転落すると、
死んだかのように水中を漂っているのですが、その後ボーンは泳ぎだし‥。
第4作目に続きそうな気もする、エンディングです。
ピープル表紙
マット・デイモン自身もインタヴューで、
「もしもさらに続編があったら、
ぜひ演じてみたい」と語っていましたからね~。
とにかく一連のボーン・シリーズの中のマット・デイモンは、
普段の映像で見る彼より、別人の様にカッコイイ!
ハーバード大出身というインテリイメージと、
ボーンのめちゃくちゃ頭が良くて強い奴という役柄が
ピッタリはまっているのです。
第一作を観てから、僕はボーン・シリーズの大ファンです。

←ピープル誌の「今年の最もセクシーな男」に
選ばれたデイモンですが、
セクシーというより、
知的な好青年という感じかな‥。

By 管野滋樹 →プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer

banner_02

Advertisements

2 thoughts on “ボーン・アルティメイタム!

  1. こんにちは。
    私もボーン見ました。Ultimatumというだけあって、もう最後なんでしょうね(涙)。ボーンシリーズは大好きで、全部映画館で見てますよ。今回は、コンプレックスの映画館ではなく、見る気満々で大きな画面のマリオンにまで行ってみました。
     
    すごいスピード感でクラクラしちゃいました(笑)。

  2. モボモガさんコメントありがとう!
    ボーンシリーズ、最高ですよね!
    僕はぜひもう一作、エピローグ編みたいなのを制作してほしいと思います。マット・デイモン自身もインタヴューで、「ジェイソン・ボーン役をまだ葬る気にはなれない」って言ってましたからね~。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s