稲庭饂飩とビーフステーキ!

今日はすっきりと晴れて、とても暑い一日でした。こんな夏の日は冷やしうどんが食べたくなりますよね。今日は僕の大好きな、後文の稲庭手づくり饂飩(うどん)を紹介します。

稲庭うどん

秋田稲庭地方の美味しい水と小麦から生まれる、この見た目にも美しい稲庭うどん、茹でる前はかんざしの様な形をしています。
300年も前からの手法と味を保ち続けて、練から仕上げまですべて手作業で作られているそうです。

稲庭うどん2 

約5分間茹でて冷水で十分に洗い、水を切って盛り付けます。
つやつやとした透明感があり、喉越しも最高です。この透明感を皆さんにも見てもらいたかったので、盛り付けてすぐ、大急ぎで撮影しました。写真からでもつやつや感がわかるでしょ?

黒毛和牛ステーキ

今夜の我が家のプリモ・ピアット、稲庭うどんに続くセコンド・ピアットは、僕の特製黒毛和牛のステーキです。今夜はサーロインではなく、あっさりと赤身の部位でいただきました。
まだ仔牛を産んでいない雌牛の特選牛なので大変柔かい、黒毛和牛独特の風味が素晴しく塩コショウだけの味付けで十分。絶品のお味です!
付け合せは「キャベツとたまねぎの蒸し煮、白ワイン風味」です。極上のイタリア・ウンブリア産オリーブオイルを仕上げに少しふりかけると、さらに素材の旨みが引き立ちます。

夕焼け20070724 

今日の東京の美しい夕日。梅雨明けの発表はまだでしたが、今日は湿度がとても低かったので、こんなに空が澄んでいました。

By 管野滋樹 プロフィール
    Shigeki Kanno/Opera Singer

banner_02

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s