フランスの偉大な歌姫逝く

 
     
アメリカのオペラ歌手ビヴァリー・シルズさんが亡くなった(7月2日)同じ週の木曜日7月5日、
今度はフランスの生んだ戦後活躍した最も偉大なオペラ歌手の一人、レジーヌ・クレスパンさんが、
パリで肝臓癌のために亡くなったそうです。享年80才。
サルコジ大統領は「フランスの偉大な歌声が失われた」と哀悼の意を発表しました。
クレスパンさんは、フランス、ドイツ、イタリアオペラの主役でその艶やかな歌声と、
エレガントな演技で、世界中で大変人気のあったプリマドンナでしたが、
残念ながら僕は彼女の全盛期の舞台に接するチャンスには恵まれませんでした。
しかし彼女が1976~92まで、パリ国立高等音楽院で後進の指導を行っていたため、
僕がパリに住んでいた1986~89の3年間、しばしば彼女から貴重な声楽上のアドバイスを
いただきました。レッスン室での彼女も、プリマドンナの雰囲気そのもので、おそらく舞台上での
優雅な立ち振る舞いは、彼女の天性によるものが大きかったのだろうと想像します。
クレスパンさんのご冥福をお祈りします。
 
by 管野滋樹 プロフィール
  Shigeki Kanno/Opera Singer 
 
●大好評の僕の写真集「オペラ歌手の休日」&「オペラ歌手の食卓 」
 
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s