さよなら、スラーヴァ!

 
↑ロストロポーヴィチ/小澤征爾 ハイドン:チェロ協奏曲 1981年のコンサートビデオが見れます。
 
スラーヴァの愛称で親しまれていた世界的チェリスト、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチさんが、
昨日モスクワで亡くなられたというニュースを聞き非常に残念です。
僕はもう90歳ぐらいにはなられていたのかなと思っていましたが、まだ80歳だったとのことで、
もう10年は生きていてほしかったなーと思いました。
僕はマエストロの生の演奏に接する機会はそれほど多くはありませんでしたので
(チェリストとしては1回、指揮者として2回)、むしろベルリンの壁が崩壊された時、
颯爽とベルリンにやって来て、壁の前で演奏された日の事が強く印象に残っています。
ミラノでは幸運にも僕が食事をしていたスカラ座そばのピッツェリーアにマエストロが入ってこられて、
直接お話をする機会にも恵まれました。
始めはロストロポーヴィチさんによく似た方が
僕のテーブルの方に近づいて来るな‥ぐらいに思っていたのですが、
実際隣に座られると(狭いピッツェリーアなのでほとんど相席状態)本物だとわかったので
「マエストロ、こんにちは!明後日のコンサート楽しみにしていますよ。」と話しかけました。
マエストロも一人で食事に来られていたので、僕という良い話し相手が見つかって喜ばれてた様子で、
快く僕の問いかけに親切に答えてくれました。
そのうち食事が終わり、マエストロはグラスの水を口に含んだかと思うと、
ブクブクと口の中をすすぎ始め、そのままゴクンと飲んでしまわれたのにはビックリ!
そうしてマエストロは席を立たれて「では演奏会でお会いしましょう」と握手をしてくださいました。
演奏会ではマエストロの素晴らしい演奏に感動しながらも、
あの口をすすぐブクブクという音がよみがえってきてちょっと複雑な気分でもありました。
 
マエストロのご冥福をお祈りします。
 
by 管野滋樹
  Shigeki Kanno/Opera Singer
 
●僕のセカンド・ブログ:滋樹のBravo, Bravissimo! もぜひご覧下さい。
 
        人気ブログランキングへ  
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s