カラスとスワロフスキー展

 
今年2007年はマリア・カラス(1923-1977)の没後30年ですが、2月22日の僕のブロク記事 カラスのメトデビュー50年! の中で紹介した、ニューヨーク、メトロポリタン・オペラハウスでの「マリア・カラスとスワロフスキー 舞台ジュエル展」が、いよいよ日本にもやって来ます!
この展覧会は、マリア・カラスが実際のオペラのステージで使用した舞台用ジュエルの展覧会で、ジュエルはミラノのマランゴーニ工房で製作されたものです。
展覧会は、2003年に初めてヴェローナで開催されてから、世界中のオペラハウスなどを巡回しました。
展示されるアクセサリーの一つを紹介すると、たとえば1956年、メトロポリタン・オペラのトスカ役で着用したティアラ、イヤリング、ネックレス。このジュエルを着用して出演したTV番組では、あまりの輝きに番組の途中でティアラとネックレスを外さなくてはならなくなったというハプニングが残っているそうです。
カラスファンはもちろん、あまりオペラに興味のない人たちも必見!
 
Maria Callas & Swarovski/Jewels on stage
マリア・カラス 舞台を飾ったジュエル展 女神(ディーヴァ)が愛したスワロフスキー
5月1日(火)~13(日) 日本橋三越本店 新館 7階ギャラリー
 
↑今日、街を歩いている途中こんなに艶やかな石楠花(シャクナゲ)に出会いました。
東京ではソメイヨシノは散ってしまいましたが、様々な花が次々と咲きだして僕達を楽しませてくれています。
 
by 管野滋樹
    Shigeki Kanno/Opera Singer
 
 
●僕のセカンド・ブログ 滋樹の"Bravo,Bravissimo" もぜひご覧下さい。
 
          人気ブログランキングへ 
 
 
 
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s