ラディッキオ・ロッソ・ディ・トレヴィーゾ!

 
我が家のキッチンに、はるばるイタリアからやってきたラディッキオ
↑今日は、日本ではまだまだ珍しいイタリア野菜の一つ、
ラディッキオ・ロッソ・ディ・トレヴィーゾ
Radicchio rosso di Treviso(写真)を紹介します。
とても長い名前の野菜でしょ。以下ここではラディッキオと縮めて呼びますね。
秋から冬にかけてが旬のこの野菜は、赤紫色のベルギーチコリの様に見えますが、
実は北イタリアはヴェネト州トレヴィーゾの特産品なのです。
ヴェネト州はヴェネツィアやヴェローナがある州です)
写真のラディッキオは早生種(プレコーチェprecoce)のもので、
晩生種(タルディーヴォtardivo)の物は先が花のように大きく広がっています。
日本でも高級スーパーマーケットでイタリアから輸入されたものを
手に入れることが可能ですが、まだまだ広くは知られてはいない状態ですね。
トレヴィスという名で売られているラディッキオに似た赤紫色の丸いサラダ菜は、
かなり知られて来ましたが、トレヴィスはこのイタリアの町トレヴィーゾから
由来しているもので、同じ仲間の野菜なのでしょう。
ラディッキオは丸ごとオーブンで焼いて食べるととても美味しいのですが、
今夜はラディッキオのサラダにイタリア産フィノッキオ(フェンネル)風味のサラミを添えて
いただきました。
かすかなほろ苦さが特徴のとても美味しいイタリア野菜ですよ。
 
by 管野滋樹
  Shigeki Kanno/Opera Singer
 
僕のセカンド・ブログ 滋樹の"Bravo,Bravissimo" ←クリック
が、始まりました。僕の開講している、オペラ・レッスンのお話です。 
 
          人気ブログランキングへ 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s