亜熱帯の果物、タンカン

 
↑亜熱帯生まれの柑橘類、タンカン。ちょうど今、出盛りを迎えています。
タンカンを食べれるシーズンは、ほんの短い期間ですが、毎年僕は楽しみにしている、大好きな柑橘類の一つです。
タンカンは中国南部に自生していたみかんと、インド、スンタラ地方からやってきたポンカンが自然交配して生まれた、中国南部原産の果物ですが、日本では沖縄や奄美大島などで栽培されています。
僕が毎年食べているタンカンは、奄美大島のとても素晴らしいタンカンを栽培している果樹園のもので、無農薬、有機栽培。この写真撮影には、きれいなタンカンを選んでみたのですが、有機栽培なので見かけはもっとゴツゴツしているものが多いのです。
でも、味は最高です。おそらく柑橘類の中で、一番甘いのではないでしょうか?ただ甘いのではなく、酸味とのバランスや、オレンジとは違った、かすかにエキゾチックな香りが素晴らしいです。
↑タンカンの皮は、非常に素晴らしい香りがするので、乾燥させて入浴剤として使っています。実際に使うときは、もっと細かく砕いて他のハーブと一緒にネットに入れて使います。体がとても温まりますよ。だだ、アレルギー体質の人や、肌の弱い人は使わない方がいいでしょう。
 
↑ところで今日は立春。東京はとても良い天気でしたが、風の強い一日でした。数日前の春のような暖かさから、一歩後退してチョッと冬に逆戻り。でも陽だまりはポカポカしているので、道の真ん中でネコちゃんがウトウト居眠りを始めました。気持ち良さそう。でも、車には注意してね!
 
by 管野滋樹
  Shigeki Kanno/Opera Singer
 
僕のセカンド・ブログ 滋樹の"Bravo,Bravissimo" ←クリック
が、始まりました。僕の開講している、オペラ・レッスンのお話です 本日、記事が更新されました。
 
 
          人気ブログランキングへ
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s