万聖節に寄せて

 
今日11月1日は「万聖節」(諸聖人の日)。東京はとても暖かで穏やかな一日でした。昨日のハロウィーンは、日本でも有名ですが、「万聖節」と明日の「万霊節」(死者の日)は、それほど知られていないようです。「万聖節」は、特別の祝日を持たないすべての殉職聖人を祝う日で、明日の「死者の日」は、この日は死者が帰ってくる日で、日本のお盆のようなもの。欧米では、墓参りにいって、お墓に色とりどりの花を捧げます。地方によって多少の違いもありますが、すでに晩秋で、寂しげになったこの頃、花で墓地中が華やかになるのが、日本の墓参りの感覚と大きく違うところ。
失われた恋人を万霊節に寄せて歌う、ヘルマン・フォン・ギルムの詩にR.シュトラウスが作曲した歌曲 「万霊節 Allerseelen」を口ずさみながら、今日、僕は早々とハロウィーンの飾りつけの後片付けをしました♪
 
          人気ブログランキングへ 
 
 
 
       
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s