オペラ序曲をピアノ連弾で‥

 
 
今日は、新年早々、僕のオペラ・コンサートで演奏する、ピアノ連弾版のオペラ序曲の練習を始めました。僕はオペラ歌手ですが、ピアノの演奏もなかなかのものなので、声楽のリサイタルなどのオープニングに、ピアノ連弾版で有名なオペラの序曲を演奏することがあります。
今日は、4つの有名なオペラ序曲を練習しました。ロッシーニの「ウィリアム・テル」、J.シュトラウスの「こうもり」、ヴェルディの「運命の力」と「シチリア島の夕べの祈り」です。市販のオペラ序曲連弾バージョンの楽譜を基に、さらに派手になるように、僕のアレンジを加えていきます。もちろんオーケストラの響きにはどうやったってかなうはずはありませんが、とても楽しい作業ですよ。この4曲の連弾版の中では「ウィリアム・テル」がいちばん演奏テクニックが難しいのですが、大変変化に富んでいて、僕は大好きです。
       
 
          人気ブログランキングへ
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s