紅茶のシャンパーニュ

 
昨日は、紅茶の試飲のイベントに出かけました。紅茶のスペシャリストの説明を聞きながら様々な紅茶を試飲しました。紅茶も実に奥が深いのです。
僕が今回買った紅茶は、ダージリン夏摘み茶。ダージリンには、年3回の茶摘みシーズンがあります。
 
  ファースト・フラッシュ(春摘み)
  セカンド・フラッシュ(夏摘み)
  オータムナル(秋摘み)
 
今日紹介するダージリンは大変格式の高い、名門キャッスルトン茶園の2006年セカンドフラッシュ・ダージリン(マスカテル)FTGFOP1。
セカンド・フラッシュ(夏摘み)は香り、味共に冴えわたっていて、ダージリンの特徴を一番楽しむことが出来ます。中でもこのマスカテルはその名のとおり、かすかにマスカットの香りを思わせる高貴な香りとまろやかな風味で世界中の紅茶ファンに人気があります。僕は高級日本茶(玉露)の甘み&まろやかさにも通じるものがあると思うので、和菓子との相性も良いと思います。
      
 
         
実際このダージリンを入れるとこんな色合いです。ダージリン・マスカテルは他の茶園でも栽培していますが。キャッスルトン茶園のマスカテルは、紅茶のシャンパーニュとたとえられる高貴な風味と希少性のため、大変高価な値段が付けられています。
というわけで、昨日はダージリン・セカンドフラッシュ・マスカテルでゆったりと最高のティータイムを楽しみました。
 
         人気ブログランキングへ
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s