僕の秋グルメ、トリフ

 
イタリアの秋の味覚の一つといえば、トリフ(イタリア語では、タルトゥーフォ tartufo)。特に北イタリア、ピエモンテ地方では、最高の香りが楽しめる白トリフがとれるので、食いしん坊たちが集まって、アルバなどにある美味いレストランは大賑わい。
イタリア生活が長かった僕にとって、白トリフのなんともいえない香りは忘れられません。リゾットやカルパッチョなどいろいろな料理に相性がよいのです。ピエモンテ地方のレストランでは目の前でたっぷりスライスしてくれます。最高のパフォーマンスです。それから僕はパヴィーアのイタリア人の友達から毎秋一、二回トリフをいただくのを楽しみにしていました(彼はトリフを探し当てる犬を飼っています)。ピエモンテ産にはかないませんが、こちらも素晴らしい香りですよ。
そこで、今日皆さんに紹介するのは、僕の秋の料理の必需品トリフ・スライサー。
          
ミラノで買ったものです。これは胡桃の木製と思いますが、温かみのあるデザインで大変使いやすいです。
これで白トリフを好みの厚さでスライスすることが出来ます。写真は瓶入りの黒トリフですが、今、我が家には黒トリフしかなかったので、これを写真に撮りました。まもなく白トリフが輸入されるので、その時は僕の特製レシピを紹介しますね。お楽しみに‥
 
          人気ブログランキングへ
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s