ワインのイメージが変わります‥

      
ブルゴーニュ 土の味・風の香り
マダム・ルロワの愛からワイン/星谷とよみ著/文園社
 
ブルゴーニュ・ワインの名門ルロワ社。そのワインはどれも素晴らしく、ルロワのワインを実際味わってみて、今まで僕の抱いていたブルゴーニュワインのイメージがまったく変わってしまいました。
この本は、現在のルロワ社オーナーの*マダム・ラルー・ビーズ・ルロワの生い立ちはもちろん、ロマネ・コンティとの決別、そして注目のビオディナミ農法、マダムの良い葡萄を栽培する為の土へのこだわりがなど、ワイン好きには興味の尽きない話題が満載されています。
星谷さんとの対談も大変面白いです。
ビオディナミ農法についてマダムが星谷さんとの対談で解説しているところを、ほんのちょっと紹介します。
 
「‥ビオディナミを簡単にひとことで言うなら、特に月の位置によって、やる作業を決めるということです。月が射手座、牡羊座、獅子座の火のグループの前を通る時は、いろいろな作業すべて、特に耕すことなどはやってしまいたいですね。良い日に耕した畑には、雑草が生えにくいことを発見したのです。もしも同じ畑を、同じ月に3回耕すことが出来るとすれば、たとえば
 射手座のときに一度
 牡羊座のときに一度
 獅子座のときに一度
というふうに耕すとよいのです。そうすれば雑草がほとんど生えないだけでなく、葡萄そのものにも力が付きます。
こうして耕すことによって、宇宙から反射する力を土に取り込むことが出来るのです‥」
 
とても神秘的なお話でしょ‥?
 
*ラルー・ビーズ・ルロワ/Lalou Bize-leroy
アンリ・ルロワのもと、超一流のネゴシアンとして今日のルロワ社を築く。その後自身の試飲に叶うワインが少なくなったことを憂い、自社畑の根本的な改良に取り組む。ビオディナミは、植物肥料だけを用いて天体との連動効果を畑にもたらす農法で、中世から行われていたもの。
マダムはこの手法で88年より自分の舌に叶うワインを造っている~マダム・ルロワの愛からワインより~
 
               人気BLOGランキングへ
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s