ミモザ色の紙袋がとってもレトロです‥

昨日僕の友人から、「Shigekiは、いつもどこのスパゲッティを食べてるの?おススメがあったら教えて」
と尋ねられました。そこで僕は「じゃ、明日の僕のブログを見て、スパゲッティの記事を載せるから‥」と約束したので、今日は僕のお気に入りスパゲッティの話。
日本にも数え切れないほどのパスタが輸入されていて、メーカーによって製法もいろいろ、皆さんそれぞれお気に入りがあると思います。
僕のおススメは伝統製法により作られた"職人パスタ" マルテッリMartelliというメーカーのもの。
     
皆さんも、このかわいらしい黄色い袋に入ったスパゲッティを見かけたことがあると思いますが、これがマルテッリのスパゲッティです(ショートパスタもある)。1950年頃からのイタリアの経済成長とともにイタリア各地にパスタ工場が生まれましたが、その多くは大量生産の画一的な味わいのパスタになってしまいました。
このマルテッリのスパゲッティの特徴は、1940年代の製法を今でもそのまま続けています。最高品質のデュラム小麦粉を使用しているのはもちろんのこと、ブロンズ製のスパゲッティ成型機で成型後、パスタの乾燥時間にも50時間にもおよぶ自然乾燥にこだわった、まさに職人のパスタ!このゆっくりとした乾燥法で、ソースとのからみ具合が抜群に良くなり、何よりもデュラム小麦の甘く豊かな香りがとても心地よく感じられるようになります。          
マルテッリはトスカーナ地方のピサ近郊、ラーリという町にある小さなパスタ&スパゲッティ製麺所。ディーノとマリオのマルテッリ兄弟2人の職人と彼らの奥さん、そして今では息子も加わり家族で力を合わせて店を切り盛りしています。
イタリアの庶民の味、スパゲッティ。マルテッリ兄弟のこのスパゲッティは、かすかに日本の手打ちうどんの香りさえも感じられるのです。
このことからもスパゲッティのルーツは東洋にあった、と言う説に妙に納得してしまいます。
 
 
          人気Blogランキングへ
 
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s