父の撮った、傑作の一枚!

 
これは僕の10ヶ月の時の写真です。
もうイタリア語で、"Ciao!" と挨拶しているでしょ‥
父が撮った写真で、アルバムには「父の傑作の一枚」と、
タイトルが付けられています。
この写真は銀行のCMに使われたんですよ~。
 
この頃から早くも、クラッシック音楽に関心を示し始めて、
ベートーヴェンやシューベルトのシンフォニーがお気に入り!
立てるようになると、J.シュトラウスのウィーンのワルツにあわせて
まだおむつをしたお尻で、踊るのが大好きで、これには皆、家族も、
家に遊びに来たお客様も大喜び。
 
そのうち、自分でレコードのかけ方を覚えると、
お気に入りの音楽をずーっとかけ続けていた。。。
特にハチャトゥリアンの「剣の舞」を妙に気に入った時があったらしく
これにはさすがに「Shigekiちゃん、もうやめてー」と両親も悲鳴をあげていたそうです。
子供の時からすでに凝り性だったのです、はい。
 
大きくなると、毎週のように似たような雰囲気をもった、お客様が週末自宅にやって来るので、
子供ながらに、この人たちは誰なんだろうと思っていました
だいぶ後になって両親が話してくれたのですが、
それは超有名な芸能プロダクションのスカウト担当者や重役さんで、
ピアノが上手なかわいい男の子がいると言う事でプロダクションの目に留まり、
熱心に両親に説得に来ていたということだったのです。
 
当時僕の両親は、芸能界についてあまり良いイメージを持っていなかったので、
再三の申し出にもかかわらず、きっぱり断っていたそうですが、
後でその話を聞かされた僕としては、チョッと残念な気もします。
 
こうして、本格的にクラシック音楽の長い長い修行の道に進むことになりました。
 
 つづく‥
 
 
 
          人気Blogランキングへ
 
 
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s