プロヴァンスの海と大地よ‥

aix←今年の音楽祭ポスター
 
 今日は、フランスの代表的な夏の音楽祭 FESTIVAL ‘AIX EN PROVENCE エクサン・プロヴァンス音楽祭のお話。
 
エクサン・プロヴァンスは港町マルセーユから1時間ほど内陸に行ったところにあるプロヴァンス地方を代表する町です。
セント・ヴィクトワール山やラヴェンダー畑もあたりに広がり、夏のヴァカンスを過ごすにはとてもいいところです。画家ポール・セザンヌの生まれた町としても有名ですね‥
 
この町の音楽祭のレベルは大変高く、ザルツブルク音楽祭などにもひけをとりません。
1948年から始まった音楽祭は、オペラ歌手だけみてみても、この音楽祭から巣立った後のスター達が数多くいます。
カバリエ、カレーラス、ホーン、リチャレッリetc
特に1970~80にかけて、それまで忘れ去られてしまっていたベルカントオペラの数々を現代蘇演させ、それらの価値を認識させた功績はとても大きいと思います。
 
音楽祭のメイン会場はアルシュヴェシェという中世の建物の中庭を利用した、野外劇場です。ここでオペラが上演されますが、ほかにも市内と近郊の町の劇場を利用してオペラ、コンサート、ワークショップなど様々なイヴェントも開催されます。
今年の、アルシュヴェシェ劇場で上演されるオペラは、まず7月2日に初日を迎える、サイモン・ラトル指揮、ワーグナー「ラインの黄金」。2009年までリング全作品を上演予定。
それから、ダニエル・ハーディング指揮によるモーツァルトの「魔笛」が7月3日と続きます。
ハーディングは昨年12月のスカラ座シーズン・オープニングに登場。ムーティーが去ったミラノの聴衆に大歓迎されました。
 
さて、今年はセザンヌの没後100年にあたり、エクサン・プロヴァンスの町では盛大な記念のイヴェントが開催されています。
今まで一般に公開されていなかったセザンヌの別荘も4月から公開。その一つが、エクスサン・プロヴァンスから2kほどのところにある、ジャス・ド・ブファン。広大な敷地には噴水の池のある庭園や、アトリエに続くマロニエの並木が素晴らしいです。
 
この夏プロヴァンスにお出かけの方、音楽祭のほかにも、セザンヌゆかりの場所を訪ねてみるのも良いのではないでしょうか‥
 
 
          人気Blogランキングへ
 
 
 
 
 
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s